ガイアの夜明けで紹介された「骨まで食べられる干物」まるとっと | 道後温泉本館に行くなら

ガイアの夜明けで紹介された「骨まで食べられる干物」まるとっと

干物

日曜日の午後何気にテレビを見ていたらガイアの夜明けの再放送がされていました。

ここで紹介されていたのが愛媛の干物屋さん。なんでもこの干物屋さんが、骨まで食べられる干物を開発して、これをハワイのスーパーで開催される愛媛の物産展へ出展するというものでした。
干物屋さんのサイト

 

放送の前半は見ていなかったのですが、どうやらハワイで馴染みの魚「マヒマヒ」(和名:シイラ)を骨まで食べられる干物にして出展し、物産展の目玉にしようというもの。

 

ところがこのシイラ、骨が固く、水分が多くなかなか上手く干物にならない。試行錯誤の結果、なんとか干物になって「これはうまい(干物屋さんの専務さん談)」ということで、ハワイに乗り込んだものの、物産展の初日にはハワイの地元のお客さんにさっぱり不評。

 

味が淡泊すぎて、ハワイの方の口には合わなかったそうです。地元の方の感想は「骨まで食べられるってウソでしょう」「味が薄いね」「塩気が欲しい」と散々でした。

 

頭を抱えた専務さんは町の中へ出かけて、マヒマヒがどのようにして食べられているか観察したところ、フライにしてタルタルソースで食べたり、トマト味のソースを掛けたり、とにかくいろいろな味付けで食べていることが判明。

 

そこでこの専務さん、物産展の翌日は、この「骨まで食べられるマヒマヒの干物」をクラッカーの上に載せ、その上にバジルソースとミニトマトを乗せて試食として並べたところ、この試みが大好評。「骨まで食べられるマヒマヒの干物」は大好評のうちに完売したというものです。

 

やっぱり売りかたが大事

この骨まで食べられるマヒマヒの干物ですが、干物自体は初日も二日目も変わっていないわけです。ところが売りかた一つで、初日には全く売れなかったものが、二日目には「おいしいおいしい」と食べられたのです。

 

これは販売をする上で、大きなヒントだと思うのです。私も自分の会社を持っていたとき「いい技術があれば売れる」と勝手に思っていました。多くの起業家の方にはそのような考えの方が多いのではないでしょうか?「いいものだから売れる」「他に無い技術だから売れる」ですが決してそのようなことはないと思います。

 

せっかくいい商品があるのであれば、その商品の売り方が大切になってくるのです。この「骨まで食べられる干物」の例は、如実にそのことを物語っていると感じました。

 

骨まで食べられる干物は売れているのか

この「骨まで食べられる干物」は売れているのでしょうか?個人的には是非とも食べてみたい商品です。なんといっても簡単に調理ができて、しかもカルシウムも十分とれるというのがいいですね。

 

ただ、申込みをしてから、商品が手元に届くまでひと月くらいはかかるそうです。

 

この「骨まで食べられる干物」は「まるとっと」という商品名で販売されているそうです。楽天で見てみると、寄せられているレビューが27件でした。この数字を見る限りは、爆発的に売れている感じではないようです。レビューは販売ページの中で見ることができます。↓↓↓

このレビューを見ると、この「まるとっと」を購入した方の多くは、満足していらっしゃるようです。「値段が少々高い」「納期が時間がかかる」という言葉はありますが、基本的には商品には満足されているようです。

 

確かに値段は少々はりますが、良い商品だと思うので一度購入してみようかとは思います。購入した暁には、こちらで感想を紹介したいと思います。ただテレビで紹介されたのち、注文が殺到しているようで(公式サイトによると)商品が届くまで2~3か月掛かるそうです。これはちょっと辛いですね。


愛媛県 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. DSC_0380

    2018-2-15

    今治市街地の再開発計画について

    今治市街地の再開発計画について、今治市の中心市街地活性化推進室へ メールを送ってみましたので報告し…
  2. 2015-5-13

    春の花の句を3句

    濠に迫り出す 枝先に 初桜 松山城の外濠には 松 桜 梅 しだれ柳等々 年月を経た巨木…
  3. サヌカイト

    2015-4-25

    サヌカイト 小松玲子さんの演奏に癒される

    サヌカイトという石でできた楽器の音のいやし効果がすごい サヌカイトとは香川県の坂出市内からはずれた…
  4. 柳の芽

    2015-4-20

    松山城の濠端の芽柳を詠んだ句

    『芽柳の 風の誘ひを 振り切れず』 松山城の濠がある場所は「濠端」と呼ばれてい…
  5. 松山城 門

    2015-4-17

    愛媛の俳句~春落ち葉~

    松山城へ行ってきました。 松山城は、「いってよかったお城ランキング」で第二位になったお城です。…
  6. まんさく

    2015-4-16

    まんさく~愛媛俳句~

    まんさくの 解かれぬままの 花の縒り 春に先立って「まず咲く」から「まんさく」…
  7. DSCN6664

    2015-2-19

    鶴姫伝説 村上海賊の娘が憧れたもう一つの海賊の姫の物語(2)

    大山祗神社の娘「鶴姫」に俄然興味を持った私は、鶴姫について調べはじめました。 「村上海賊の娘」…

ピックアップ記事

  1. DSC_0380
    今治市街地の再開発計画について、今治市の中心市街地活性化推進室へ メールを送ってみましたので報告し…
  2. サヌカイト
    サヌカイトという石でできた楽器の音のいやし効果がすごい サヌカイトとは香川県の坂出市内からはずれた…
  3. DSCN6639
    瀬戸内海に浮かぶ一番大きな島、大三島に伝わる「鶴姫伝説」を知っていますか? 私がこの「鶴姫」に…
ページ上部へ戻る